マイキャリアパススタッフのキャリアをご紹介します

013

「私にできるんだから、
 あなたにもできる!」
そんなロールモデルでありたい。

電子部品製造業務管理
及川 瑞恵さん(2015年入社)

未経験から、入社2年で管理者に

 管理者として、100名以上のスタッフのサポートをしています。勤怠やシフト管理などの事務作業のほか、スタッフとの面談、現場の見回りなど業務は多岐にわたります。工場内にはほかにも数名の管理者がいますが、女性は私だけ。女性のほうが話しやすいというスタッフも多く、現場で気にかかっていることやキャリアアップに関することなど、毎日のようにシフトを終えたスタッフが相談しに来てくれます。直接的に誰かの力になれる喜びを、日々感じられる仕事ですね。
 私は日研に入社するまで、製造の仕事はほぼ未経験でした。前職はカラオケ店の店長という全くの異業種。それでもわずか2年で管理者という責任ある役職に就くことができたのは、前職での管理業務経験に加え、積極的に学ぼうとする姿勢を評価いただけたからだと思っています。日研に入社した理由は、スタッフへのサポートの手厚さです。入社後は未経験ということを考慮いただき、電子部品のパーツのカットなど比較的簡単な工程から担当させてもらいました。でも、そこに甘んじていてはもったいない。ミスなくスピーディな作業を心がけると同時に、周囲の人の作業もできる限り覚え、チーム全体をサポートできるようにしました。また、この拠点にはスタッフ同士で現場の改善やキャリア形成を議論する会があるため、そこにも積極的に参加して知識を深めました。このような努力が、短期間でのキャリアアップにつながったのだと思います。

道を示せる存在でいたい

 管理者としてまだまだ学ぶべきことが多い今ですが、私なりに、まずはスタッフの話を「ゆっくり」聞こうと心がけています。人間誰しもそうですが、「悩みがある」と思っても、具体的に何が原因なのかは自分でもわかっていなかったりする。相談に気てくれるスタッフも、「これが原因でこう困っている」とはなかなか言えないものです。急かさず、じっくり話を聞くうちに問題が整理でき、具体的なアドバイスもできます。今は一人でも多くのスタッフの話をゆっくり聞ける時間を作るため、事務作業などの時間を短縮できるよう努めています。
 目指す管理者像は、スタッフのキャリアアップを勇気づけられる人。スタッフによっては、「私には無理」とキャリアアップを諦めてしまっている人もいます。でも私だって、若くはない年齢で製造の世界に飛び込み、ゼロから一段一段階段を上ってきた。だから誰にだって、できるはずなんです。先頭に立って道を切り開き続けることで、自分の可能性を閉ざしてしまっている人に、「道はあるんだよ」と示せる人でありたいです。

取得資格

  • QC検定3級
  • 自主保全士2級

ワタシのキャリア年表

トップへ戻る