マイキャリアパススタッフのキャリアをご紹介します

012

リーダーとして
理想の職場像をカタチにしたい。

電子部品製造
林 信宏さん(2015年入社)

自ら提案しポジションを新設

 日研で働きはじめた理由は、スタッフをサポートする「管理者」という仕事がしたかったからです。昔から世話好きな性格で、人に何かを教えたり、相談相手になることが好きでした。実は、私は日研で勤めたあと、一度他の会社に移っています。すると偶然、そこでも日研のスタッフが働いていたのです。日研の管理者やスタッフの姿を外から見ていて、改めてお互いに協力し合い、高め合う雰囲気がすてきだなと強く感じました。もう一度日研に戻って新しい仲間と共に働き、いつかは管理者となってすてきなチームを自分で作ってみたい。そう考え、再入社を決めました。
 再入社後はまずマシンオペレーターとして、スマートフォンに内蔵される精密機器の梱包工程を担当。ニーズが急拡大している製品のため、梱包数も一日に50万個と膨大な数になります。しかしこの工程に従事するうち、私はある課題に気がつきました。現場では20名ほどが日々一緒に働いていますが、その中にリーダーのような役職の人はいません。管理者はいますが、複数の工程を管轄しているため常駐できるわけではない。以前はもっと人数が少なかったため問題なかったようなのですが、20名となるとスキルや経験のバラつきもあります。互いに助け合い、みんなが気持ちよく働くためには、現場を熟知し、いつでも相談に乗ってくれる「現場リーダー」のような存在が必要なのでは――そう感じたのです。そこで私は、管理者やお客様に「現場リーダー」という存在の必要性を繰り返し訴えました。ねばった甲斐があり、結果新たにポジションを設けることが決定。管理者へのステップアップとして、私がその担当に就かせてもらえることになりました。

全員が「必要とされている」と感じる職場を目指して

 現在仕事をする上で心がけているのは、オペレーターとしての業務を完遂することはもちろん、人の心のケアにまで気を配ることです。リーダーを目指す者として、今から周囲の人の力になれる人間でなくてはならないと思うからです。具体的にはまず、話し方、表情、姿勢、髪型、服装など、相手の様子をよく見るようにしています。もし元気がないようであれば、「めずらしいね、眠そうじゃん。よく眠れなかった?」というふうに、相手の気持ちに寄り添うように話しかける。悩みを打ち明けてくれたら「聞いただけ」に終わらせません。人間関係の問題であれば本人たちの了承を経て話し合いの場をセッティングしたり、管理者に掛け合うこともあります。そうして私がお手伝いをした人が、表情が明るくなったり、休んでしまうことが減ったりするのを見ると嬉しいですね。
 私には、理想とする職場像があります。それは、スタッフ全員が「今日も職場に行きたい!」と思い、そして「自分が必要とされている」という強い責任感を感じる職場。その気持ちで全員が働けば、仕事はもっとスピーディに進み、ミスも減り、仕事はより楽しくなるはず。現場リーダー、そしていつかは管理者として、この理想の職場像をカタチにしていきたいです。

取得資格

  • 第一種衛生管理者

ワタシのキャリア年表

  • 1998年入社。複数の現場でマシンオペレーターを経験
  • 2008年食品メーカーに就職
  • 2015年再入社。スマートフォン用精密機器の梱包工程に従事。現在に至る
  • 2016年正社員
  • 充実のサポート体制はこちら!
トップへ戻る