マイキャリアパススタッフのキャリアをご紹介します

007

挑戦できる環境は整っている。
キャリアアップの道を
切り開くのは自分次第。

電子部品製造兼トレーナー
石田 千尋さん(2015年入社)

安心して仕事に向き合える場所

現在、電子部品製造のオペレーターと、新たに加わるスタッフを育成するトレーナーを兼務しています。スマートフォンなどに内蔵される電子部品の検品業務などを担当しています。「製造 = 機械」というイメージだったのですが、重要な工程には必ず“人”の手が入ります。どんな検査装置を用いても、細かすぎてピントがズレたり、ぼやけてしまう。そのミクロな世界のズレを、人の目で一つひとつチェックしていくのです。「エンドユーザーに確かな品質の商品をお届けする」ことを意識して、日々の業務に取り組んでいます。
そう思えるようになったのも、仕事に真剣に向き合えば確かな知識と技術が身に付くと感じているからです。それは自分の自信につながります。これまで他の派遣会社も経験しましたが、自分が成長するためのキャリアプランをうまく描くことができませんでした。その点、日研トータルソーシングはモノづくりの分野での専門性が高く、資格取得や研修などのキャリアサポート体制が充実しています。自分の頑張り次第でキャリアが切り拓けることは、日々の仕事をする上で心強い励みになります。

背中を押してくれた、周りのサポート

製造オペレーターとしてのキャリアをスタートしてから数カ月が経った頃、「トレーナーをやってみないか」と声をかけられました。その時は嬉しさよりも不安の方が大きく、「通常よりかなり早いキャリアアップだけど、私に務まるのだろうか」という考えが過ぎったのを今でも覚えています。
そんな中、背中を押してくれたのは周囲のサポートでした。私を指導してくれた先輩は、製品の良し悪しを細部に至るまで丁寧に教えてくれます。スタッフ同士でフォローし合う職場環境がここにはあり、これなら自分にもできるかもしれないと思い、トレーナーの道を決意しました。新人を指導する上で、見つけづらい欠陥を発見できるようになるなど、成長の手応えを感じられた時は本当にやりがいを感じます。
また、みんながなるべく楽しく働けるように、些細な悩みも打ち明けられる環境作りも心掛けています。周囲と協力して、長く働きたいと思える環境を整えるも自分の役目だと思っているので。今後はよりレベルの高い管理者へのキャリアアップを目指して、時間を見つけて資格などにも挑戦していきたいですね。

ワタシのキャリア年表

  • 2015年電子部品製造オペレーターとして入社
    新人スタッフを教育するトレーナーを兼務
  • 2016年正社員
トップへ戻る