マイキャリアパススタッフのキャリアをご紹介します

006

小さな視点から大きな視点へ。
それぞれの楽しみと成長を
感じている。

半導体ラインエンジニア
佐藤 洋佑さん(2012年入社)

自分の思いにマッチした今の仕事

 製造ライン全体を技術的な面からサポートする「ラインエンジニア」。それが、今の私の仕事です。具体的には、スマートフォンやパソコンに内蔵される半導体製造ラインで、製品が出来上がるまでの期間、一つひとつの工程が滞りなく進むようにコントロールすることです。ある工程に過剰にエラーが起きてしまったときに、ライン担当者と話をして装置の処理履歴を分析し、原因と対策を講じたり、必要に応じてメンテナンスの指示も行ったりします。生産設備を最適な状態に保つのも、私の大切な役割の一つです。
 ラインエンジニアとして肝に銘じているのはコミュニケーションの重要さ。装置を開発した技術者や、実際に装置を管理している担当者の両者に、いかに正確な状況を伝えられるかが業務の質を左右すると言っても過言ではありません。

仕事の中で見つけた「考える楽しさ」

 私は以前、製造オペレーターとして生産ラインの前に立っていました。自分の手で製品を作るので、成果が見え、出来上がった時の喜びは大きいものです。一方で、今の仕事は一つの製品ではなく全体を把握する力が求められます。
製造現場で起こるエラーの原因やその傾向の管理など、さまざまな要素を考慮して対策を講じるので「考える楽しさ」を感じますね。
 数字などの具体的なデータに基づいて考えたことがチームを動かし、改善のプロセスに組み込まれていく。覚えることも多く専門知識も深まるのでやりがいのある仕事です。
 今後はラインエンジニアとして、一つでも多くの業務フローを覚えて対応力を高めていきたいですね。昨年は日研トータルソーシングの資格取得サポートを利用してQC検定2級を取得したので、次は半導体製造の技能検定にも挑戦してみたいです。資格の勉強は、業務改善のヒントを得られるという意味でもとても励みになります。学んだ知識を業務に活かし、仕事をより楽しんでいきたいと思います。

取得資格

  • QC検定2級

ワタシのキャリア年表

  • 2012年入社。自動車製造オペレーター
  • 2014年東広島テクノセンターで保全研修
    半導体製造現場のラインエンジニア
トップへ戻る